文化村とは
有峰森林文化村憲章


富山県には日本の屋根、北アルプス立山連峰がある。
峰々は豊かな水をもたらし、森林に適した自然を形成している。
私たちの祖先は、森や大地に神をみる思いで、森林を守り再生する努力を重ねてきた。

これら自然の恵みと人間の営みによって、豊かな森林が保全されてきた。
有峰森林はまさに日本の森林を代表する風格と優しさにあふれている。
その貴重な遺産を受け継ぐ私たちは、森の民のこころとともにこれを次の世代に引き継いでいかなければならない。

この使命を担う私たちは、水と緑といのちの森を永遠に守るために、有峰森林文化村を設立し次の憲章を定める。
・森の息吹きに触れいのちの循環を学びます。
・生き物が気ままに住める環境を守ります。
・森の恵みと人の営みを語り継ぎます。
・森を見つめて自分を見つめなおします。
・有峰を愛する人の輪を世界に広げます。