文化村とは
基本理念



〜水と緑と命の森を永遠に〜 



有峰で森林保全や発電事業に従事している人々とともに、有峰から恩恵を受けている人々や有峰を愛する人々が、有峰を守り、学び、次の世代に引き継いでいくことが、有峰森林文化村の願いである。

有峰を俗化させてはならないという思いは、県民はもとより電源開発に携わってきた人々の間に、今日まで脈々と継承されてきた。

私たちは、有峰の自然から受ける恵みを何の意識もなく享受してきた。

しかし、森林美と静寂にあふれた有峰の自然に向き合えば向き合うほど、心身が安らぎ、そして元気がわきだしてくる。

さらには、「植物も動物もみな同じ命であって、共生しつつ、永遠に循環している」ということが、胸にすっと入ってくる。

こうしたことから、21世紀を迎えた今「水と緑といのちの森を永遠に」を、基本理念として掲げる。