文化村とは
有峰森林文化村とは

|有峰森林文化村とは


有峰には、保養、散策、森林環境学習、登山、キャンプなど多様な目的で多くの人々が訪れるし、森林保全、水力発電などの事業に携わっている人々もいます。

また、有峰及び亀谷には、富山県、北陸電力、富山市がそれぞれ施設を持っており、それぞれが様々な展示、相談や講座等を実施しています。

これらをより発展させるため、「水と緑といのちの森を永遠に」という基本理念に賛同し、何らかの活動をしようとする多くの人々がつながり、活動する仕組みを「有峰森林文化村」といいます。

村の運営は、村民の自主的な活動に加え、富山県、北陸電力、富山市の支援により行っています。

村民のみなさんには、森林美と静寂にあふれた有峰で、憩い、学び、守るといった森林文化活動をしていただいています。

|村民とは


有峰を愛し、基本理念に賛同し何らかの活動をしようとする人を「村民」といいます。

文化村は、来訪者を村民として暖かく迎えるとともに、来訪者に有峰の価値を共有してもらうよう努めます。

村民のみなさんは、自ら企画、立案して村で実施する様々な活動や、村での森林保全、行事、情報提供に対する提言、村で開かれる個々の行事などに参画することができます。

|有峰村民とは


「有峰村民」とは、村民のうち、特に、次のような積極的な活動をしようとすることを事務局に届け出た人をいいます。

・来訪者に対する有峰探訪の助言、案内、支援
・探勝会を開催するなど有峰語り部講の主宰
・森林文化村会議事務の支援
・その他、有峰地域における森林文化活動への協力

有峰村民には、積極的な活動のため村のメールマガジンを送っています。
また、有民村民には、有峰村民相互の交流を広げてもらうこととしています。

|語り部とは

「語り部」とは、有峰における森林環境学習を支援する人をいいます。有峰森林文化村の理念を伝える人、有峰の歴史を語る人、遊歩道を歩きながら自然を解説する人などは、すべて語り部であるといえます。

|有峰語り部講とは

「有峰語り部講」とは、語り部が主催する森林環境学習で、自然体験的なものも含め、野外、屋内を問わず、不特定多数の人々を対象として行われるものをいいます。例を挙げると、植物講、鳥獣講、有峰歴史講、星見講、地学講、エネルギー講など多岐に亘ります。

|活動組織とは

「活動組織」とは、有峰村民が積極的な活動を自主的に展開する組織をいいます。