有峰なぜ?なに?博物館

目次に戻る <前の項目>タムシバ<次の項目>

この項目に関するご質問・情報はこちら

Q 初夏に、有峰でモクレンのような白い花をよく見かけます。これはコブシとタムシバのどちらですか?

A 過去の植物調査の報告によると、有峰で見られるのはタムシバのようです。6月上旬ごろまで、白い花を咲かせます。
タムシバとコブシはとてもよく似ていて、開花時の小葉があるかないかで区別することが多いようです。花が咲いてから、花の下に小さな葉っぱが1個つくのがコブシで、ないのがタムシバだということです。タムシバは花が終わるころから葉っぱが出始めます。コブシに比べて、葉っぱの裏が白っぽいのもタムシバの特徴です。
(2005/5/26 柳川調べ)

参考ホームページ タムシバ コブシ