有峰なぜ?なに?博物館

目次に戻る <前の項目>ミズナラ<次の項目>

この項目に関するご質問・情報はこちら

<関連項目> 巨木

有峰では、ブナと並んで、たくさん見かけます。

代表的なものとして、挙げられるものは、

折立登山口正面のいわゆる薬師太郎

折立登山口左手のいわゆる薬師花子(太郎より大きい)

有峰ハウス玄関左手のミズナラ


ミズナラは、ドングリの実をつける木の1つ。漢字では「水楢」と書き、木の中に多量の水分を含んでいることに由来すると言われる。
日本のミズナラに近いものが、英国やアメリカ北部に多く見られるオ−クで「森の王様」と呼ばれ、古くから船舶、家具の好材料として使われてきた。日本のミズナラも良材とされ、明治時代には多くがヨ−ロッパに輸出されていた。
(2005/1/25 柳川調べ)