有峰なぜ?なに?博物館

目次に戻る <前の項目>有峰林道<次の項目>

この項目に関するご質問・情報はこちら

<関連項目>大型バス

概要
県管理の林道で有峰線と真川線からなる。有峰線は、小見線、小口川線、大多和線、東谷線、湖周線からなる。

林道使用料
有峰線と真川線のそれぞれについて、連絡所から入るときに使用料を支払っていただく必要がある。ただし、出るときは支払う必要がない。大型車4300円、小型車1800円、自動二輪車等300円。

通行期間
小口川線以外は、6月上旬から11月12日頃まで。小口川線は、7月頃から10月31日

通行時間
20時から6時までは通行禁止です。有峰にいく場合、20時までにゲートに入ればいいのではありません。20時を超えると、有峰林道を、通行してはならないのです。したがって、目的地によって、ゲートを通過する最も遅い時間が存在することになります。

有峰林道に入る方法 行き先 所要時間 通行の方法
亀谷連絡所から 有峰ハウス 約30分 19時30分までに通過してください。
折立キャンプ場 約40分 19時20分までに通過してください。
冷タ谷キャンプ場 約45分 19時15分までに通過してください。
その他 夕方以降に林道を利用される場合は、事前に、県(076−482−1420)に電話してください。
その他の連絡所から どこでも 夕方以降に林道を利用される場合は、事前に、県(076−482−1420)に電話してください。

富山駅等から、亀谷を含む全ての連絡所までの予想所要時間は、地図を参考にして下さい。


通行制限
東岸線は、通行止め。真川線は、工事車両のみ通行可。
大型バスには規制がある。

有峰林道通行許可等の申請様式
このページをごらんください。

中川正次調べ 2002/8/31