********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net
有峰村民の皆様と、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2020年7月24日 第446号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/吉江 良
(発行日現在の有峰村民人口:1,207人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※お知らせ(再掲) 
 8/9「有峰で遊ぼう」(有峰林道通行無料の日)の中止について
◆「有峰公開観察会」募集のお知らせ          有峰森林文化村
◆日帰り語り部講(南砺市たじりサロン)実施報告    有峰森林文化村
編集局からのお知らせ                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お知らせ(再掲)
 8/9「有峰で遊ぼう」(有峰林道通行無料の日)の中止について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 コロナ感染症対策に伴い、8/9開催予定としていた「有峰で遊ぼう」(有峰
森林文化村開村の日:有峰林道通行無料の日)の開催については、以下の理
由等により今年度は中止が既に決定していますので、再度お知らせいたしま
す。
 
 ①昨年の同イベントにおける入込実績に加え、林道の2車線化が進んだこ
とによる入込増が懸念され、3密を避けられない場面が多々想定されること。
 ②特に人気行事ミステリーツアーにおいて、バス内やエレベータ内での3
密が避けられないこと。
 
 毎年本イベントへの参加を楽しみにしておられました皆様におかれまして
は、大変残念ではございますが、今後の情勢も見ながら、次年度以降は開催
できるよう準備を進めて参りたいと思いますので、ご理解のほどよろしく
お願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「有峰公開観察会」募集のお知らせ          有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 目的    
  生物学会員と一緒に、有峰の動植物の特徴について、学びます。
  ①植物(森のしくみ等)、②動物(川に棲む生物の生態等)、③昆虫等
  ※皆さんで観察した結果は「富山の生物」に公表します。 

2 開催日および日程 令和2年8月22日(土)~23日(日)1泊2日
 8月22日(土)
   8:30  富山駅北口出発(バスに乗車)
   9:10   立山あるぺん村発(バスに乗車)
   10:00  観察会(①植物)
   12:00  各自昼食(弁当持参)
   13:00  観察会(②動物)
   16:00  有峰ハウスチェックイン、自由時間、入浴、
   18:00  夕食
   19:00  基本学習会
   20:00  ライトトラップ(③昆虫) 
 8月23日(日)
   7:00  朝食
   8:30  出発
   9:00  観察会(①植物)  
   12:00   昼食(有峰ハウス) 
   13:00  観察会(②動物)
   15:30   有峰出発(バスに乗車)
   16:20  立山あるぺん村着
   17:10  富山駅北口到着

3 宿泊場所  有峰ハウス 電話080-8535-7404
4 対象者   一般(小学生以上:小学生は保護者同伴)、
        富山県生物学会会員

5 バス乗車口 「富山駅北口」又は「立山あるぺん村(無料駐車場有り)」
6 定員    20名
(バス13名、マイカー7名、先着順)
        ※コロナ対策のため募集人数を絞っています。


7 参加費   大人 10,200円 小学生 6,800円
        (宿泊、食事(夕朝昼)、バス代、保険料含む) 
        ※つり銭が発生しないよう準備願います。
8 募集期間  令和2年7月17日(金)~ 8月14日(金)

9 申込み方法 ハガキ、FAX、E-メール(info@arimine.net)で。
 (申込み内容)
  ①郵便番号、②住所、③氏名(ふりがなを記入)、④性別、⑤年齢、
  ⑥電話番号、⑦乗車場所(富山北口 又は あるぺん村)

10 申込先及び問合先
   〒930-1458 富山市有峰26-15 有峰森林文化村 「観察会」係
   電話(FAX兼用)076-481-1758 担当者  霜鳥
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日帰り語り部講(南砺市たじりサロン)実施報告    有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 7月12日(日)、南砺市たじりサロンの12名の参加者をお迎えして、日帰り
語り部講を開催・実施しました。
 
 早朝5時頃より雨が降り出し、実施するか、中止するか迷った為、お客様の
意向を確認して判断する事にしました。責任者の方に電話したところ、既に
皆さん出発の準備をされているとの事で実施する事としました。
 
 バスは予定より20分程早く10時に有峰に到着。ビジターセンターで「はじ
まりの会」を開催。吉江次長の挨拶(今年は新型コロナウイルス対策のガイ
ドラインの説明を追加)、担当者の紹介、続いて本日のスケジュールを説明後、
バスで有峰湖展望台へ行きました。霧で宝来島が微かに見える眺望でしたが、
まず記念撮影をし、それから有峰村の歴史、ダム建設の歴史等解説しました。
連日の雨、特に岐阜方面の大雨の為、ダム湖は満水状態でした。参加者の方
より流木が非常に少ないとの感想が寄せられました。
 
 次に東西半島遊歩道へバスで移動(当初の予定では冷タ谷遊歩道を歩きたい
との要望がお客様より有りましたが、連日の雨により冷タ谷遊歩道は足場がぬ
かるんで、危険箇所が予測される為、安全第一で東西半島遊歩道へ変更しまし
た。)

 11:00に東西半島に到着。皆さん用意された雨合羽を着用、雨傘をさしなが
らの散策となりました。幸い霧雨程度の雨だった為、皆さんマスクを着用しな
がらも和気あいあいの雰囲気での散策となりました。途中昨秋につくられた無
数の熊棚を見てビックリの様子でした。生憎春の花の盛りは過ぎ、花数の少な
い時期でしたが、梅雨の時期のしっとりとした緑一杯の森林散策となりまし
た。遊歩道端の休憩所では2回目の記念撮影。薬師岳は雲の中で見る事は出来
ませんでしたが、遠くに有峰記念館をうっすらと見る事が出来、皆さん印象に
残る風景になりました。
 
 約1時間の散策の後、昼食予定地の冷タ谷キャンプ場へバスで移動。皆さん
それぞれに好みの場所で昼食をとられました。昼食後有峰湖畔へ皆さんをお誘
いしましが、思いのほか水量が多く、近づくのが危険な程でした。

 この後ビジターセンターに移動し森の音楽会を行ないました。今回はコロナ
対策の為、オカリナとギターの演奏のみとし、恒例の皆さんとの「ふるさと」
合唱は無しとしました。ふりかえりの会では、吉江次長の挨拶の後、有峰村民
への勧誘、Line友達への勧誘、有峰グッズの紹介、販売等を行ないました。

 この後次の目的地の富山市大山歴史民俗資料館へと向かわれ、有峰での行事
を終了しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆編集局からのお知らせ                有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇次号の有峰森林文化村新聞は、8月7日に発行予定です。
(発行時期・回数は6月~11月は月2回、12月~5月は月1回第3週の金曜日
となっております。)
◇ホームページありみネット 
http://www.arimine.net へのリンク
◇LINE公式アカウントを取得しました。QRコードより友だち設定をお
願いします。 行事の参加募集案内や見頃情報が届きます!


◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿してください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
  あて先   E-メール:info@arimine.net
                     有峰森林文化村助役(編集長)