********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/
有峰村民の皆様と、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2019年8月9日 第428号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/吉江 良
(発行日現在の有峰村民人口:1,080人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆俳句ポスト7月の入選作品
◆森の案内人通信 ~「有峰で遊ぼう」の開催を終えて~   矢野 昌子   
編集局からのお知らせ                有峰森林文化村

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆俳句ポスト7月の入選作品
──────────────────────────────────
富山県俳句連盟会長 中坪達哉 選(添削後)

雲晴れて薬師顔出す夏の湖   高岡市  西野睦子
梅雨深し気持ち新たに有峰路  砺波市  河原芳博

─────────────────────────────────
◆森の案内人通信 ~「有峰で遊ぼう」の開催を終えて~   矢野 昌子
──────────────────────────────────

 今年度も富山県農林水産公社の主催事業として、有峰森林文化村開村の日
イベントである「有峰で“遊ぼう”」を8月3日(土)に開催し、チラシ持参
の一般来訪者に対して有峰林道通行料を無料としました。
 当日は、約1,105名もの方々の来場があり、自然あふれる有峰での各種イ
ベントにご参加いただきました。
 人気の木工クラフトづくり・ネイチャーゲーム・虫とり探検や、北陸電力
様の協力によるミステリーツアー(ダム見学)に加え、広場での遊びをより
楽しんでもらおうと遊具貸出も実施しました。
 音楽イベントは第4回ありみねミュージックジャンボリーとして場所をバ
ーベキュー広場で開催したところ、多くの方の来場がありました。
(出演者14組20名)今回も文化村指導員3名でオカリナユニット?キンピカー
ズ?をつくり出演しました。
 今年度は、旧有峰村の画伯、野口隆志氏をお招きし、有峰を描いた作品の
展示や在村中の思い出を語っていただき、多くの聴講者が貴重な話に聞き入
っていました。
 その他、ボール遊び、テニス、ライトトラップ昆虫観察会、好天に恵まれ
たこともあり、たいへん賑やかな一日となりました。
【行事実績】
10:00~15:30  ①木工クラフトづくり(講師を迎えて実施)
        ②テニスコート開放
        ③バーベキュー広場開放
        ④用具貸出し(昆虫採集、テニス、ボール類)
        ⑤虫とり探検(講師を迎えて実施)
        ⑥ネイチャーゲーム(講師を迎えて実施)
         ⑦有峰の原風景 展覧会・語る会(講師を迎えて実施)
        ⑧ミステリーツアー(有峰ダム見学)  10便(全200名)
11:00~14:30  音楽会(第4回ありみねミュージックジャンボリー)
9:00~翌日13:00 冷タ谷キャンプ場無料開放 ライトトラップ


──────────────────────────────────
◆編集局からのお知らせ                有峰森林文化村
──────────────────────────────────
次号の有峰森林文化村新聞は、8月23日に発行予定です。
 6月~11月間は二週間毎に、12月~5月間は月1回、第3週の金曜日に発行い
 たします。
◇ホームページありみネット 
    http://www.arimine.net /へのリンク
◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿してください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
◇あて先   E-メール:info@arimine.net
                     有峰森林文化村助役(編集長)
 先日は、有峰と立山周辺だけが時間雨量30mmを超える集中的な豪雨があり
ました。当然林道は通行止となりましたが、短時間で雨が上がりましたので、
登山客の方やツアーバスでおいでの方も、夕方には下山することができまし
た。ただこの雨が長時間続いていたらどうなったんだろうと想像すると、食
事を取ることもできない「帰宅難民」の方が有峰ハウスのまえで大勢足止め
を食らい、車中での宿泊お余儀なくされている・・・そんな光景が浮かびま
す。
 観光客や登山客が増加している昨今、今後はそのような場合にどう対処す
るのか、有峰地区全体で考えていく必要があろうかと思います。
──────────────────────────────────