******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2003年12月13日 第38号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(発行日現在の有峰村民人口:307人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2回国際サマースクール in 立山、黒部、有峰の感想
◆梅原猛村長就任記念語り部講にご来場ありがとうございました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆第2回国際サマースクール in 立山、黒部、有峰の感想
─────────────────────────────────
県内外の高校生、留学生262人が参加する「第2回国際サマースクールin
立山・黒部・有峰」が8月の上旬に開催されました。そのうち、8月8日に
高校生60人が有峰に来ました。

県高等学校生物教育研究会の先生方の指導を受けながら、冷タ谷遊歩道で
森を学びました。昼食後、有峰ハウスで、富山国際大学茶道部の茶会に参
加しました。最後に、有峰ダムの見学をしました。

その、冷タ谷遊歩道における森の学びをさらに説明しますと、60人を3班
に分け、それぞれの班をさらにA、B、C3つのグループに分けました。
Aは、森、生物の多様性を学びました。
Bは、酸素、二酸化炭素量を測定しました。
Cは、土の中の生物を調べました。

高校生が率直な感想を、述べています。

A:森、生物の多様性
1班
・関口
木によって、成長の早さが違うので、木の高さだけを見て樹齢の判断はで
きないものなのだと感じた。

・野村
山道を歩くのが楽しかった。木一本一本に名前があってとても勉強になっ
た。植物も私たちと同じように成長してて植物が自分にとって身近なもの
になった。

・昇
いろいろな種類の植物が何年もかけて成長していく事を知り、有峰の自然
のすばらしさを感じました。

・若松
葉っぱ一つ一つ特徴があり、紙と照らしあわせて見つけるのが難しかった
けど、見つけたときにはうれしかった。雨が降ったとき、木のおかげで雨
がかからなくて、すごくビックリと感動した。

・瀬藤
有峰には多種の植物が生きていて、珍しい植物や見たことのない植物の特
徴を知り、植物を見るのが楽しくなった。

・加賀原
落葉樹と常緑樹の特徴から、人間としての生き方を学んだ気がしました。
(笑)木漏れ日があたたかかった。

2班
・篠崎剛至、南部智美、竹内仁美、アリナ、山崎綾子、林由美子、増田沙

やぶの中に入って木や葉を調べるのは初めてのことだったけど、楽しかっ
たです。みんなの良い思い出になったと思います。できればまたやりたい
です。

3班
・長土居
森を散策して、初めてで、歩いていてとても気持ちがよく、いろいろな植
物を探せました。とてもいい体験をさせてもらいました。

・池田
普段はなかなか入れないような森の中に入って歩いてみることで様々な発
見がありました。山道で水がながれていたり、一枚の絵のような景色を見
られて時間を忘れるほど楽しかったです。非常に良い経験になりました。

・荒屋
森を歩いて、いろんな木や植物を見ることができて、いい体験になりまし
た。雨が降っていたけど、そのことを忘れるくらい楽しかったです。

・ジゼル
Today was a lot of fun.
The weather changed a lot from rainy to hot & sunny and it was
really cool.
The plants research that we did was very interesting.
I learned a lot. Thank you. I know to stay away from red plants.
My group was a lot of fun.
They were easy going and fun to work with.

・林さおり
あんなに森の中に入ったのは初めてで、すごく大変だった。歩くときウル
シがいっぱいで、歩きにくかった。あと色々な木や葉の名前がわかったの
で勉強になった!!いい経験ができて、すごくよかったです。

B:酸素、二酸化炭素量
1班
木を植えてみたい。
環境を守るために森林を大切にしたい

2班
・吉川香澄、川口彩、廣瀬有希、太田寿美、井上歩美
私たち一人の生活を支えるためには、およそ畳600枚分のミズナラ林が
必要である。自然林を大切にして、無駄なエネルギーを使わない生活をし
ていく必要がある。

3班
・金子先生
みんなお疲れ様でした。いい生徒たちに恵まれ楽しかったです。

・簔口恵美
多くの森林に囲まれ、排出される酸素の量も多いんだろうと思っていたけ
ど、実際調査してみると予想以上に少なくビックリ!!

・高桑真理子
今まで、自然の事についてあまり考えた事が無かったが、今日の体験と話
を素に今からの事を考えたい。

・川東真里
人間は二酸化炭素を出しすぎだと思った!!自分もそんなに出しているの
に、何も森林のためにしてないなあ・・・と思った。

・新家佑季
大変だったけど、自然の中で実験できて、楽しかったです!!酸素の排出
量も少ないので、森林は大切だと思いました。

・平野咲子
山の中はマイナスイオンとか、酸素とかいっぱいで、とても気持ちがよか
った。いい環境の中で二酸化炭素の吸収量調べができてよかった。山最高


C:土の中の生物
土の中の力もち
・津田幹子
教科書では生態系について軽くしか学ばず、あまり理解できないでいた。
でも、こうやって、自分で土を掘り、土の中を見てみることで実際わかっ
て、よかった。

・立野裕也
ザトウムシがいる自然が豊かな自然ということを始めて知り、驚いた。
色々な昆虫に触れ合うことができてよかった。

・中山誠
今まで山登りをしたことがなかった。初めて歩いてみて、土のにおいがし
て、大自然を匂いで感じました。とてもいい経験ができました。

・木村飛鳥
自然の災害がおきないのは虫たちのおかげなんだということを、今日、土
を掘り返して初めて知った。

・倉川聖未
普段、普通に歩いている地面の下には、根や虫がたくさんいることを今日、
実際に初めて見た。私たちは、自然とともに生きているんだと改めて思っ
た。

・松長美恵子
初めて山に登って自然のすごさに驚いた。小さな虫でも土の中で一生懸命
生きているすばらしさにびっくりした。

・石割彩子
教科書だけでは学びきれない形成態の一部を学んで、生き物一匹一匹の大
切さを学んだ。

落ち葉の下のもう一つの世界
・有馬貴子、平野美紀、久保史絵、福澤明奈、蓮田絵美、吉政理恵
森が「緑のダム」と言われる理由は、雨が降っても、すぐに吸収して、水
が粘土質の土にたくわえられている。そして、微生物たちが落ち葉を分解
して、有機物に変えて水をきれいに浄化しているからだと思います。

落ち葉の下の様子を調べよう!
〜Find another world under the fallen leaves ~
・古澤
有峰の自然を次世代に!

・尾山恵里奈
虫ははっきり言って嫌いだったが、好きになった。自然って最高!

・中西桜子
有峰に来れてよかった!有峰の自然はすごく、すごくいい

・長谷川淳
有峰の森は自然がいっぱいで最高!!

・堀慶太
ダニっていいやつ!! 
─────────────────────────────────
◆梅原猛村長就任記念語り部講にご来場ありがとうございました
─────────────────────────────────
12月8日に開催いたしました梅原猛村長就任記念語り部講には、多数のみ
なさまのご来場を賜り、まことにありがとうございました。
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net