********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net
有峰村民の皆様と、双方向で交流するメールマガジン

有峰森林文化村新聞 2018年5月18日 第403号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/青山和浩
(発行日現在の有峰村民人口:874人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ねじばな便り
 ~立山と白山を同時に?大多和峠~            中川 正次
編集局からのお知らせ                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
ねじばな便り
 ~立山と白山を同時に?大多和峠~            中川 正次

──────────────────────────────────
 八十島さんの大多和峠の話、興味深く読みました。私は、岐阜県側から、
大多和峠まで3度歩いています。しかし、いずれも、グリーンシーズンだった
ので、冬の報告は貴重。3月中旬に歩いたとのこと、雪崩の恐れもあるので、
怖くはなかったかな。天気も上々の様子、よかったですね。

 この道を歩く行事を2006年に有峰森林文化村で行っています。当時の有峰
森林文化村新聞です。

◆「ちょうはいの道を歩く」参加者募集             
 昭和30年代に有峰林道小見線が整備されるまでは、国道41号線の岐阜県飛
騨市土から、県境大多和峠までの道は、有峰と下界を結ぶ主要な道路でした。
この区間のうち、飛騨市佐古から大多和峠までの区間(私道)は、今年限り
で通行できなくなります。

 そこで、郷土史家の前田英雄さんのお話を聞きながら、9キロあまりの山
道を歩く会を開きます。

 旧有峰では、初午の頃、女衆が大多和峠からこの道を下って、大多和・
佐古・跡津川の家に泊りに行く風習がありました。それらの家と姻戚関係に
あったわけではありません。そのことを「ちょうはい」と呼んでいました。

 加賀・越中・能登・飛騨の一部にのこる方言である「ちょうはい」は、
お嫁さんが実家に里帰りすることを指します。したがって、有峰における
「ちょうはい」とは言葉の意味が異なります。

 こういった背景から、今回の企画を、「ちょうはいの道を歩く」と名づけ
ました。

1 開催日 9月16日(土曜日)から17日(日曜日)

2 コース 富山駅北口→飛騨市→大多和峠→有峰ハウス→富山駅北口

3 歩く区間 飛騨市佐古から大多和峠まで9キロ(歩きやすいです)

4 翌日は、愛着の森調査編を開催します。参加されると楽しいと思います。

5 定員25名(先着順)

6 参加費 7,000円
以下略

 当日は、曇り空で、細入の道の駅でトイレ休憩しているときに、ポツポツ
雨が降り、どうなることかと心配でしたが、たいしたことにはならず、全員、
無事に歩き終えました。特筆すべきは、有峰の子孫である野口隆さんが、踏
破されたことです。当初は、「足に自信がないから、バスで大多和峠に行き、
皆さんを待ってます」という話だったのですが、いざ本番になると、最後ま
で歩き通されました。きっと、つらかっただろうと思います。

 大多和峠の先の道が閉鎖されるまでは、大多和峠に料金所がありました。
岐阜県から登ってくる車から有峰林道使用料をもらうためです。雲がなさそ
うな晩を見計らって、その料金所に泊めてもらって、料金所の前のアスファ
ルトの前に毛布を敷いて、星空を眺めながら寝た記憶があります。

 富山県内にあって、立山連峰と白山連峰が同時に見ることができる場所は、
いくつあるのでしょうか。山に詳しい人に聞きたいものです。高岡の二上山
は無理ではなかったかしら。大多和峠から、岐阜県に10メートルほど入った
先に砂利が積んであるところに登ると白山連峰も立山連峰も見ることができ
ると私は記憶しています。

 大多和料金所の尾根沿いを南北に走る大多和峠遊歩道がありました。南に
走る道は、楽な道です。ところが北に進む道は、登りがけが、とんでもない
坂道で、とても人に勧められる道ではありません。けど、この道の先に、絶
景があるかもしれません。

─────────────────────────────────
◆編集局からのお知らせ                有峰森林文化村
─────────────────────────────────
◇次号の有峰森林文化村新聞は、6月1日に発行予定です。
 6月~11月間は二週間毎に、12月~5月間は月1回、第3週の金曜日に発行い
 たします。

◇ホームページありみネット 
http://www.arimine.net へのリンク

◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿してください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。

◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
  あて先   E-メール:info@arimine.net

                     有峰森林文化村助役(編集長)
 新緑が眩く、有峰湖も薬師岳も美景です。
 有峰に上山して1週間。6月1日の営業再開に向けて、スタッフ全員がフル
可動で準備作業を行っています。お昼(16日水曜日)のニュースで、富山の
気温が32℃と全国一になったと伝えてましたが、有峰は20℃ととても過ごし
易いで~す。空気は新鮮だし、自然の春の恵みをおいしく味わってま~す。