********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net
有峰村民の皆様と、双方向で交流するメールマガジン

有峰森林文化村新聞 2017年8月10日 第390号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/青山和浩
(発行日現在の有峰村民人口:860人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆俳句ポスト6、7月入選作品
◆ねじばな便り
 ~稀有な機会に身をおいた幸福感~            中川 正次
編集局からのお知らせ                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆俳句ポスト6、7月入選作品
──────────────────────────────────
富山県俳句連盟会長 中坪達哉 選(添削済み)

俳句ポスト 6月分
【 特選 】
朝霞嶽の薬師が浮き沈み     八十島 大輔
九九唱え風もほどよき若葉かな  金森 める子

【 入選 】
梅雨らしき雨がぱらつく冷タ谷  河原 芳博
はつ夏のさらりさらりと雨降りて 老松 成子
新緑の映える湖面に島ひとつ   岩崎 千鶴子
湖霧や唐松目指し歩む古希    池田 正子
まだら雪残して聳ゆ薬師岳    中野 美和子
新緑の湖面に映る峰の色     平田 純子
身と心透明に涼し水鏡      田中 緑
新緑に染められてゆく湖面かな  護摩堂 満知子

俳句ポスト 7月分
【 入選 】
オカリナや愛着の森みどり濃く  河原 芳博
梅雨明けやオカリナの音も晴々と 沖田 孝夫
──────────────────────────────────

ねじばな便り
 ~稀有な機会に身をおいた幸福感~            中川 正次

──────────────────────────────────
 第9回有峰村民村仕事の集いの報告をします。7月22日土曜日23日日曜日に、
81人の参加を得て、実施しました。これまでで最高に充実した集いだったと
思います。

 一般の大人、39。大学生、8。高校生、0。中学生、0。小学生、18。
未就学児、16。合計、81という分布です。高校生中学生の参加がないことが
惜しまれるとはいえ、子供から年配者までバランスが取れていました。

 梅雨明けがまだしていなくて、雨が心配されていました。初日の夕飯時、
二日目の午前中に雨が降り、11時の解散時には相当の降りになってしまい
ました。けれど、活動にはほとんど支障がありませんでした。

 この行事の特徴は、分担して共同作業をすることにあります。一般的なキ
ャンプでも、テント張り・食事をするわけですが、私たちの場合は、キャン
プ場の草刈・テントサイトの整備という作業を2時間します。子供は子供な
りに、年配者は年配者なりに仕事をするわけです。お金を払ってお客さんと
して施設を受動的に利用するのではなく、自分たちが汗をかいた施設を能動
的に利用するという形になることによって、有峰に対する愛着が、いよいよ
高まります。参加者のほとんどが、有峰の水を飲み、有峰の水で作った電気
で暮らしている人たちなので、この意味は大きいと思います。

 今回は、たくさんの改善がありました。まき割りを作業に加えたこと。81
人の分担が、カレンダーの裏にマジックで明記されて掲示されていたこと。
食事の献立が黒板に書かれ料理する人たちがきびきびと楽しく作業を進める
ことができたこと。越田幸雄さんが中型のドラム缶を加工して、風穴があい
たかまどを作ってこられ、火力抜群で、懸案の米メッコ問題は見事にクリア
されたこと。富山福祉短大の学生が、大人と子供たちの間に位置して、いい
味を出してくれたこと。西谷の林道から100メートルほど入った沢で水遊び
をしたところ、「ひゃあ冷たい」レベルで耐えられない水温ではなかったこ
ともあり、サンショウウオなどがたくさんいて、瀬と淵の連続した水辺でみ
んなが遊べたこと。

 特筆すべきは、音楽会。私が、「上を向いて歩こう」のギター弾き語りを
練習していると、縦笛やピアニカをもったママさん、学生が集まって来て、
譜面もないのに、ちゃんとした合奏になりました。初参加の方(約70歳)の
オカリナ、小学生2人のオカリナ、シンガーソングライターの山口春奈さん
の歌、小学生のバイオリンが、かがり火が燃えるキャンプ場に響き渡りまし
た。

 つくづく思うことは、有峰がたいへん大きな場の力を持っていることです。
その場の力に、80人の力が加わって、大きな劇場が形成されているという感
じがしました。皆が感動したのはそんな稀有な機会に身をおいた幸福感だっ
たのではないでしょうか。

──────────────────────────────────
◆編集局からのお知らせ                 有峰森林文化村
──────────────────────────────────
◇次号の有峰森林文化村新聞は、8月25日に発行予定です。

◇ホームページありみネット 
http://www.arimine.net へのリンク

◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿してください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。

◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
 
 あて先   E-メール:info@arimine.net

                     有峰森林文化村助役(編集長)

あおさん 溺れる
24時間雨量は、260mmを超え、雨は、まだ降り続いています。
8月8日、台風5号がもたらした大雨で、公園内の道路は川と化し、ビジターセンター脇
からも大量の水が湧き出しています。あおさんは、雨量計とともにアップアップ

─────────────────────────────────